胆のうがんになった際に行なわれる治療とは

がんに負けない

がんの治療方法

受付

がんは死亡原因の約3割

日本では全死亡者数の約3割ががんという統計がでています。約3人に1人ががんで亡くなるというほどがん患者が増えているのです。

そもそもがんとは

がんは細胞分裂を重ねている中で、DNAが複製ミスを起こして突然変異してできる細胞です。がんは自然消滅することなくどんどんと増えていってしまいます。

通常は免疫に退治される

細胞の複製ミスは度々起こることで、珍しいことではありません。そのため、通常では免疫機能によってミスによって生まれたがん細胞は退治されます。

自覚症状は進行中のサイン

自覚症状が出るころにはある程度病気が進行している可能性があります。肝臓がんや胆のうがんは、進行していてもさらに自覚症状が出にくいので、日頃からの健康診断や自覚症状がでたらすぐにかかりつけ医に相談することが必要です。

がんの治療法ランキング

no.1

手術(外科治療)

がんの治療において最も有益な治療方法が手術での外科的治療です。がん病巣を除去する方法で、原発巣以外にもほかの部位への転移巣などがんそのものを取り除く方法です。

no.2

薬物療法(化学療法)

化学物質である抗がん剤を利用してがん細胞が増えることを抑えて、破壊する治療法です。全身のがんを対象に治療することができる全身療法で、治療の際によく使われています。

no.3

放射線治療

がん細胞がある患部に直接放射線をあてて、がん細胞を損傷させる治療方法です。

no.4

免疫療法

患者本人の免疫を担う細胞を取り出して、体外で増殖と増強を行なって体内に戻すことによって、免疫力でがんを治療する方法です。副作用がほとんど確認されていないため、今注目されている方法です。

no.5

造血管細胞移植

5位の造血管細胞移植は、化学療法や放射線治療と合わせて行なわれます。化学療法や放射線治療では骨髄への影響が大きく十分な効果を発揮する量を投与できません。しかし、造血管細胞移植をすることにより正常な骨髄の造血機能を取り戻すことができるため、強力ながん治療を行なうことができます。

広告募集中