症状の少ない胆のうがんでも気づける症状があります

がんに負けない

胆のうがんの主な症状

診断

黄疸やかゆみ

黄疸によって目や肌が黄色くなります。胆のうが上手く働かないことが原因で起こります。

腹部の不快感

胆のうがんでは胆のう炎を併発することがあり、それにより腹部への不快感が現れます。

食欲不振

みぞおちなどの違和感や痛みが発生してきます。それにより、食欲不振に陥ることがあります。

嘔気

胆のう炎からの違和感により、嘔気が続きます。これらの症状を感じたら、すぐに専門の医療機関に相談しましょう。

早期発見と適切な治療を

少しでも体の違和感を感じたり、続く場合があればまずは、かかりつけ医へ相談してみましょう。できる限り早期発見するには、症状を見逃さないことが大切になります。そして、早期の内に治療を受けることです。

広告募集中